2016年05月18日

講演会「現代における家族の変容とその哲学的諸問題」

原和之先生より、駒場で行われる、ジャン=フィリップ・ピエロン先生(リヨン第三大学)の講演会のご連絡をいただきました。
以下、原先生のご案内を転載させていただきます。
原先生のブログもご覧ください。)
ぜひお運びください。
============================================
現代における家族の変容とその哲学的諸問題
Enjeux philosophiques des métamorphoses de la famille contemporaine

講演者:ジャン=フィリップ・ピエロン Jean-Philippe Pierron

 1964年生まれ。リヨン第三大学哲学部教授・学部長。解釈学および実存哲学の立場から、家族や自然・環境、ケアといった現代の哲学的・倫理学的問題について研究を進めている。近著に『家族はどこにゆくのか(Où va la famille?)』(Ed. Les liens qui libèrent, 2014)、『想像の潜勢力:想像力の倫理的機能について(Les Puissances de l'imagination. Essai sur la fonction éthique de l'imagination)』(Editions du Cerf, 2012)、『可傷性:ケアの哲学のために(Vulnérabilité. Pour une philosophie du soin)』(PUF, 2010)。ほか編著・論文多数。

日時:6月14日(火)18時45分〜20時30分
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム3
司会:原和之(本学総合文化研究科地域文化研究専攻)
使用言語:フランス語(日本語翻訳つき)
主催:東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム
   多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)
   教育プロジェクト2「共生のプラクシス―市民社会と地域という思想」
協力:エラスムス・ムンドゥス・ユーロフィロソフィ法政プログラム

20160614Pierron_poster.jpg
posted by フランス科研究室 at 14:52| イベント

2016年05月13日

2016年度進学ガイダンス

 フランス研究コースの進学ガイダンスが12日(木)から始まっています。
 2回目、3回目は、18日(水)、20日(金)のお昼休み(12:15〜12:55)、8号館4階401号室にて行います。
 途中参加、途中退出可。昼食ご持参での参加も歓迎します。
 教員紹介や履修科目、授業の様子、留学、普段の学生生活、卒論、進路について詳しく説明したパンフレットを用意してお待ちしております。お気軽にお越しください。
 
 パンフレットは上記の日以外でもお渡ししています。ご希望の方は、8号館4階401号室までお越しください。

2016フランス科ガイダンスポスター.jpg
posted by フランス科研究室 at 17:50| イベント

2016年05月11日

シンポジウム「駒場で考える〈シャルリ〉以後の世界」

駒場で開かれるシンポジウムのお知らせです。
増田一夫先生がご登壇なさいます。
ご興味のある方は、以下に記載の白水社のメールアドレスからご予約ください。
======================================================================================
「駒場で考える<シャルリ>以後の世界」
宇野重規×野崎 歓×増田一夫×伊達聖伸トークセッション
日時:2016年5月16日(月) 15:00 〜 17:00 (開場14:30)
場所:東京大学駒場コミュニケーションプラザ北館2階 多目的教室4
参加費: 無料
主催: 東京大学生協駒場書籍部・青土社・白水社
当日のご参加もいただけますが、お席に限りがあるため、ご予約をお勧めいたします。下記アドレスに代表者の方のお名前、メールアドレス、ご所属と人数をお送りください。
白水社予約受付: komaba@hakusuisha.co.jp
http://www.hakusuisha.co.jp/news/n14628.html


posted by フランス科研究室 at 15:17| イベント

2016年05月06日

論集をご恵投いただきました。

大阪大学フランス語フランス文学会様より論集『GALLIA』55号(2015年)をご恵投いただきました。
厚く御礼申し上げます。

フランス科研究室で同論集を保管しています。本科の院生、学部生の方はぜひご利用ください。

posted by フランス科研究室 at 17:26| 恵投御礼

2016年04月28日

『共和国か宗教か、それとも―十九世紀フランスの光と闇』刊行

宇野重規・伊達聖伸・山裕二編著『共和国か宗教か、それとも―十九世紀フランスの光と闇』(2015年、白水社)が刊行されています。
本科ご出身の数森寛子先生、博士課程在籍の赤羽悠さんがご寄稿されています。
詳細な目次は、出版社のサイトで見ることができます。

フランス科研究室で保管しています。本科に所属する院生、学部生の方はぜひご利用ください。
posted by フランス科研究室 at 16:24| 刊行案内

論集をご恵投いただきました。

甲南大学国際言語文化センター様より論集『言語と文化』20号(2016年)をご恵投いただきました。
厚く御礼申し上げます。

フランス科研究室で同論集を保管しています。本科の院生、学部生の方はぜひご利用ください。

posted by フランス科研究室 at 16:03| 恵投御礼

『共にあることの哲学―フランス現代思想が問う〈共同体の危険と希望〉1 理論編』刊行

岩野卓司編『共にあることの哲学―フランス現代思想が問う〈共同体の危険と希望〉1 理論編』(書肆心水)が刊行されます。
著者:澤田直・岩野卓司・湯浅博雄・合田正人・増田一夫・坂本尚志・藤田尚志
本分科の増田一夫先生もご寄稿されています。

詳細な目次や中身の一部を出版社のサイトで見ることができます。

posted by フランス科研究室 at 15:03| 刊行案内