2017年04月18日

『ODYSSEUS』第21号、『年報 地域文化研究』第20号の発刊

2017年度がはじまり、すでに四月もなかばをすぎました。今年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

東京大学大学院の総合文化研究科地域文化研究専攻が発行しています、研究誌二誌の2016年度版が、3月に刊行されました。

『ODYSSEUS』第21号には、
- 石井洋二郎「人文社会科学と地域文化研究」
- 増田一夫「逆風の中の「移民」―フランスにおける排除と敵対の言説―」
- 鈴木啓二「冷静と情熱の人、石井洋二郎さんを送る」
- 増田一夫「俳優の素顔に関するパラドクス ―石井洋二郎先生を送る―」
- 「石井洋二郎先生 業績一覧」
- 森山工「慈父にして厳父、あるいは「蝙蝠のポレミーク」 ―代田智明先生を送る―」
などが掲載されています。
石井洋二郎先生をお送りする文章が複数、そして石井先生ご自身のご寄稿も掲載されている号ですので、どうぞお手にとっていただければと思います。

『年報 地域文化研究』第20号には、
- 関大聡「大地への慎重な接近 ―サン=テグジュペリを読むサルトル―」
- 西村晶絵「アンドレ・ジッドの『法王庁の抜け穴』における「病」の問題」
- 波多野瞭「秘跡論における救済の確信と「意向」 ―13世紀の論争とトマス・アクィナスの見解―」
- 森元規裕「修辞学と対話 ―フェヌロン『雄弁についての対話』―」
などが掲載されています。
フランス科の大学院生・卒業生が、多く論文を寄せている号ですので、ぜひお読みいただければと思います。

どちらの研究誌についても、以下のサイトで詳細な目次を確認することができます。
http://ask.c.u-tokyo.ac.jp/journals.html
また、フランス科研究室には、両誌とも複数冊が届けられています。本科に所属する院生、学部生の方はぜひご利用ください。
posted by フランス科研究室 at 17:43| 刊行案内

2017年02月03日

論集をご恵投いただきました。

以下の論集をご恵投いただきました。厚く御礼を申し上げます。

京都大学フランス語フランス文学研究会『仏文研究』、第47号(2016)
慶応義塾大学フランス文学研究室『慶応義塾大学フランス文学研究室紀要』、第21号(2016)
九州大学フランス語フランス文学研究会『STELLA』、第35号(2016)
青山学院大学フランス文学会『青山フランス文学論集』、第25号 鳥居正文先生退任記念号(2016)
(※発行日順)

尚、『STELLA』(第35号、2016)には、博士課程在の西村晶絵さんの論文が掲載されています。
西村晶絵「ジッド作品における「病」の価値転換―1890年代のクリスティアニスム観の変化―」

フランス科研究室で上記の論集を保管しています。本科に所属する院生、学部生の方はぜひご利用ください。

posted by フランス科研究室 at 16:45| 恵投御礼

2016年12月14日

論集をご恵投いただきました。

本学の仏語仏文学研究会様より、論集『仏語仏文学研究』第49号(2016年)をご恵投いただきました。
塩川徹也先生古稀記念特集号です。
厚く御礼を申し上げます。

フランス科研究室で同論集を保管しています。本科に所属する院生、学部生の方はぜひご利用ください。

posted by フランス科研究室 at 16:12| 恵投御礼

2016年11月16日

パスカル研究会第160回例会

パスカル研究会第160回例会のご案内をいただきました。
ご興味のある方は、ぜひお運びください。
------------
パスカル研究会第160回例会
発表:17世紀悲劇におけるあやまち―トリスタン・レルミット『マリヤンヌ』ソエームの場合―
発表者:畠山香奈
日時:2016年12月10日(土)16時30分〜
会場:武蔵大学8号館 8601教室
東京都練馬区豊玉上1-26-1
会費:1000円(一般)、500円(学生)

posted by フランス科研究室 at 16:38| イベント

2016年11月04日

論集をご恵投いただきました。

上智大学フランス語フランス文学会様より、論集『Les lettres françaises』36号(2016年)をご恵投いただきました。
厚く御礼を申し上げます。

フランス科研究室で同論集を保管しています。本科に所属する院生、学部生の方はぜひご利用ください。


posted by フランス科研究室 at 15:55| 恵投御礼

2016年10月28日

講演 パトリシア・ファルギエール「マテリアル・ターンについて―美術論、ヴィジュアル・スタディーズのあとさき」

表象文化論の森元庸介先生より、パトリシア・ファルギエール氏の講演会のお知らせをいただきました。
ぜひお運びください。
=============================================================
講演者:パトリシア・ファルギエール(フランス 社会科学高等研究院 [EHESS])
「マテリアル・ターンについて―美術論、ヴィジュアル・スタディーズのあとさき」
司会:森元庸介
2016年11月2日(水)18時〜
東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーション・ルーム 3

アクセス:http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/campusmap.html
使用言語:フランス語(適宜通訳あり)

IMG_20161028_0001.jpg



posted by フランス科研究室 at 14:31| イベント

2016年10月14日

講演 ジャン・ボベロ「今日フランスのライシテ―イスラームと〈宗教的なもの〉のグローバル化に直面して」

増田一夫先生より、ジャン・ボベロ氏講演会のお知らせをいただきました。
フランス宗教社会学の第一人者による講演です。ぜひお運びください。
=============================================================
講演者:ジャン・ボベロ
「今日フランスのライシテ―イスラームと〈宗教的なもの〉のグローバル化に直面して」

La laïcité actuelle face à l’islam et à la globalisation du religieux
日時:2016年10月24日(月) 18時〜19時30分
場所:東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム1

アクセス:http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/campusmap.html
入場無料、予約不要
使用言語:フランス語(講演原稿の翻訳を配布する予定、質疑には通訳が付きます)

161024 Conference J Bauberot.jpg
posted by フランス科研究室 at 15:41| イベント