2015年11月11日

パスカル研究会第157回例会

パスカル研究会第157回例会のご案内をいただきました。みなさま、ぜひお運びください。
------------
パスカル研究会第157回例会
発表:パスカルの認識論――自然・理性・超自然――
発表者:沖本龍哉
日時:2015年12月5日(土)16時30分〜
会場:慶応義塾大学 日吉キャンパス 研究室棟「来往舎」2階中会議室

横浜市港北区日吉4-1-1
会費:1000円(一般)、500円(学生)
posted by フランス科研究室 at 14:15| イベント

2015年11月04日

コリーヌ・ディゼレンス氏講演会

ドゥヴォス・パトリック先生より、コリーヌ・ディゼレンス氏講演会のご案内をいただきました。

=========================================================
現代美術のキュレーター、過去にスペイン、フランスやイタリアで現代美術館長を勤め、現在ブリュッセルのEcole de Recherche Graphiqueの院長であるCorinne Diserens氏が以 下の要領で講演会をおこないます。

タイトル: Profession: Curator
     (使用言語:フランス語、必要に応じて日本語によるまとめをします)

日時: 平成27年11月6日(金) 17時30〜19時30分
場所: 東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム 1
アクセス: http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/index.html

概要:コリーヌ・ディゼレンス氏は、キュレターとしてもエディターとしても数多くのアーティストを紹介したり、その仕事に新しい光をあててきました。パフォーマンスのダン・グラハムから、南アフリカの写真家モフォケングまで、国境やジャンルにとらわれず実に幅の広い活動範囲を広げて来ました。フランスのマルセイユ美術館、ナント美術館そしてイタリアのボルザーノ美術館の館長を務めた後、ブリュッセルで美術学校(ERG)の院長として、近現代アートの教育、アーティストの養成に挑戦し続けています。現代美術のキュレーションにおいて自身の豊富な経験やそれに関わる諸問題についてお話を聞く貴重な機会です。
 ふるってご来場ください。

   J'ai le grand plaisir de vous annoncer que Corinne Diserens, spécialiste de l'art moderne et contemporain, curatrice de nombreuses expositions, et actuellement directrice de l'Ecole de Recherche Graphique a Bruxelles, viendra nous parler de son travail, en particulier des questions posées par le métier de commissaire d'exposition et la formation des artistes aujourd'hui.

   La séance se déroulera sous la forme d'un entretien qui laissera toute la liberté au public de poser ses nombreuses questions.

Son titre : Profession: Curator
aux lieu et heures suivantes:
• Université de Tokyo , Campus de Komaba, bâtiment 18, 4ème étage, Collaboration room #1
• le 6 novembre 2015 , à 17:30 .

  Patrick De Vos

posted by フランス科研究室 at 13:23| イベント

2015年06月24日

大辻都先生集中講義「広域フランス語圏文化論演習/専門フランス語(9)」のご案内

フランス科出身の大辻都先生が、後期課程の「広域フランス語圏文化論演習/専門フランス語(9)」の集中講義を担当されます。
フランス語圏カリブ世界を知る貴重な機会となりますので、ぜひご参加ください。

------------------------------------------------
集中講義「広域フランス語圏文化論演習/専門フランス語(9)」
担当講師:大辻都先生
日時:7月23日(木)2〜4時限、7月24日(金)2〜4時限
    7月30日(木)2〜4時限、7月31日(金)2〜5時限
場所:駒場キャンパス 1号館120室

フランス語圏カリブ世界を読む

エドゥアール・グリッサンの初期長編エッセイ『カリブ海のディスクール』(Edouard Glissant, Le discours antillais, 1981)の講読を中心とする。
グリッサンはカリブ海マルティニック島出身の詩人・小説家・思想家。本書は文学論であるとともに、カリブ海のフランス植民地(海外県)を対象とした歴史・社会学的考察でもある。
小さい場所と世界全体を等価の眼で捉える独自の世界観は、現在そして未来の社会や文化のあり方を考えるうえで重要なヒントを与えるはずだ。

※集中講義のため、事前にテキストの分担を決めておきます。 履修希望者は必ず7月7日(火)までに下記のメールアドレスに連絡して講師からの返信を受け、授業当日発表できるよう、ハンドアウトも含めて準備してください。
E-mail : Glissantiens[アットマーク]gmail.com


posted by フランス科研究室 at 14:23| イベント

2015年06月11日

博士論文公開審査:平野奈津恵「19世紀フランスにおけるベルギー移民と差異の所在」

平野奈津恵さんの博士論文公開審査が開かれます。
審査は公開で行なわれますので、皆様ふるってお運びください。

---------------------------------------------

論文提出者:平野奈津恵
論文題目:19世紀フランスにおけるベルギー移民と差異の所在


日時:平成27年6月27日(土)10:00〜12:30
場所:18号館4階コラボレーション・ルーム4

審査委員:
池上俊一 (地域文化研究専攻、主査)
増田一夫 (地域文化研究専攻)
長谷川まゆ帆 (地域文化研究専攻)
田中 創 (地域文化研究専攻)
中野隆生 (学習院大学)
北村暁夫 (日本女子大学)

 地域文化研究専攻

posted by フランス科研究室 at 15:14| イベント

2015年06月03日

第23回地域文化研究専攻主催公開シンポジウム

第23回地域文化研究専攻主催公開シンポジウムが開かれます。
フランス科ご出身の石川学さんがコメンテーターとしてご登壇なさいます。
修士1年、博士1年のみなさんはもちろん、それ以外の方々もぜひご参加ください。
-------------------------------------------------
第23回地域文化研究専攻主催公開シンポジウム「コスモス・幸福・愛」
日時:6月27日(土) 14:00-17:30
場所:駒場Iキャンパス 18号館ホール

詳細HP:http://ask.c.u-tokyo.ac.jp/pg257.html

2015sympposter.jpg



posted by フランス科研究室 at 15:07| イベント

2015年05月20日

博士論文リサーチ・コロキアム

西村晶絵さんの博士論文リサーチ・コロキアムが開かれます。
皆様ふるってお運びください。

-------------------------------------------

発表者:西村晶絵
題目:アンドレ・ジッドにおける「病」

日時:6月3日(水)10:25〜12:10
場所:18号館コラボレーション・ルーム2

指導教員:長谷川まゆ帆(地域文化研究専攻)
指導補助教員:石井洋二郎(地域文化研究専攻)
指導補助教員:鈴木啓二(地域文化研究専攻)

posted by フランス科研究室 at 13:30| イベント

2015年05月13日

日本フランス語フランス文学会2015年度春季大会

日本フランス語フランス文学会の春季大会が開かれます。ぜひお運びください。
---------------------------
日本フランス語フランス文学会 2015年度春季大会
2015 年5 月30 日(土)・31(日)
会場:明治学院大学 白金キャンパス 

東京都港区白金台1-2-37
大会費:1000円

詳細なプログラムを以下のサイトでみることができます。
http://www.sjllf.org/taikai/


posted by フランス科研究室 at 17:33| イベント