2016年11月16日

パスカル研究会第160回例会

パスカル研究会第160回例会のご案内をいただきました。
ご興味のある方は、ぜひお運びください。
------------
パスカル研究会第160回例会
発表:17世紀悲劇におけるあやまち―トリスタン・レルミット『マリヤンヌ』ソエームの場合―
発表者:畠山香奈
日時:2016年12月10日(土)16時30分〜
会場:武蔵大学8号館 8601教室
東京都練馬区豊玉上1-26-1
会費:1000円(一般)、500円(学生)

posted by フランス科研究室 at 16:38| イベント

2016年10月28日

講演 パトリシア・ファルギエール「マテリアル・ターンについて―美術論、ヴィジュアル・スタディーズのあとさき」

表象文化論の森元庸介先生より、パトリシア・ファルギエール氏の講演会のお知らせをいただきました。
ぜひお運びください。
=============================================================
講演者:パトリシア・ファルギエール(フランス 社会科学高等研究院 [EHESS])
「マテリアル・ターンについて―美術論、ヴィジュアル・スタディーズのあとさき」
司会:森元庸介
2016年11月2日(水)18時〜
東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーション・ルーム 3

アクセス:http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/campusmap.html
使用言語:フランス語(適宜通訳あり)

IMG_20161028_0001.jpg



posted by フランス科研究室 at 14:31| イベント

2016年10月14日

講演 ジャン・ボベロ「今日フランスのライシテ―イスラームと〈宗教的なもの〉のグローバル化に直面して」

増田一夫先生より、ジャン・ボベロ氏講演会のお知らせをいただきました。
フランス宗教社会学の第一人者による講演です。ぜひお運びください。
=============================================================
講演者:ジャン・ボベロ
「今日フランスのライシテ―イスラームと〈宗教的なもの〉のグローバル化に直面して」

La laïcité actuelle face à l’islam et à la globalisation du religieux
日時:2016年10月24日(月) 18時〜19時30分
場所:東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム1

アクセス:http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/campusmap.html
入場無料、予約不要
使用言語:フランス語(講演原稿の翻訳を配布する予定、質疑には通訳が付きます)

161024 Conference J Bauberot.jpg
posted by フランス科研究室 at 15:41| イベント

2016年10月07日

日仏会館人文社会系セミナー「男性支配はまだいたるところに存在する」(ボーヴォワール/フランソワーズ・エリチエ)

日仏会館で行われるセミナーのご案内です。
ふるって
=============================================
男性支配はまだいたるところに存在する―『第二の性』の著者、シモーヌ・ド・ボーヴォワール没後30周年とフランソワーズ・エリチエのMasculin/Fémininの日本語訳刊行を記念して―

日時:2016年10月15日(土) 14:00 - 16:30
会場:日仏会館5階501会議室 - 渋谷区恵比寿3丁目
報告者:井上たか子(獨協大学名誉教授)、石田久仁子(翻訳家)、横山安由美(立教大学)

参加費無料 定員50名 / 要事前予約
主催:(公財)日仏会館
後援:立教大学文学部文学科フランス文学専修、日仏女性研究学会

※詳細は以下をご覧ください。
http://www.mfjtokyo.or.jp/mfjtokyo2/ja/events/details/712.html

0001.jpg

posted by フランス科研究室 at 16:26| イベント

2016年07月20日

公開シンポジウム「続 人文・社会科学と大学のゆくえ」 公開シンポジウム「続 人文・社会科学と大学のゆくえ」

日本学術会議シンポジウムのご案内です。

■公開シンポジウム「続 人文・社会科学と大学のゆくえ」

◆日時:2016年8月10日(水)13:30〜17:00
◆場所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)
◆主催:日本学術会議 第一部(人文・社会科学)

◆参加費:無料
◆定員:先着300名(申し込みは不要です)
※定員を超えた場合は受付終了となりますのでご了承ください。

◆開催趣旨:
日本学術会議第一部は、人文・社会科学系学部・大学院の「組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換」を国立大学法人に求める2015年6月8日の文部科学大臣通知がもたらした、人文・社会科学と大学のゆくえについての大きな社会的関心と懸念とを受けて、7月31日、緊急に公開シンポジウムを開催しました。あれから1年、第一部では、これからの人文・社会科学はどうあるべきか、それを発展させるためには何が必要かについて、社会に向けたアピールを準備しています。その準備の一環として改めて公開シンポジウムを開催し、各界か
らの問題提起を受けて議論を深めたいと考えています。
前回と同様、学生・大学院生を含む大学関係者のみならず、この問題に関心をお持ちのメディアや市民の皆さまの幅広いご参加をお待ちしています。

201608人文社会シンポ.jpg

posted by フランス科研究室 at 16:11| イベント

2016年07月15日

論集をご恵投いただきました。

神戸大学仏語仏文学研究会様より論集『EBOK』28号(2016年)をご恵投いただきました。
厚く御礼申し上げます。

フランス科研究室で同論集を保管しています。本科の院生、学部生の方はぜひご利用ください。

posted by フランス科研究室 at 16:09| イベント

論集をご恵投いただきました。

大阪市立大学フランス文学会様より論集『LUTÈCE(リュテス)』42号(2015年)をご恵投いただきました。
厚く御礼申し上げます。

フランス科研究室で同論集を保管しています。本科の院生、学部生の方はぜひご利用ください。

posted by フランス科研究室 at 16:08| イベント