2019年12月10日

経済哲学とは何か?

以下のようなシンポジウムが開催されます。
ふるってご参加ください。

シンポジウム「経済哲学とは何か? Qu'est-ce que la philosophie économique?」

経済学ではなく経済思想史なのでもなく、あくまでも経済哲学−−それはいったい何をおこない、何をめざす企てであるのか。創刊20周年を迎えるとともに、最新号で「日本の経済哲学」を特集した国際学術誌『経済哲学雑誌』の編集主幹ジル・カンパニョーロ氏(フランス国立科学研究センター)による基調講演を踏まえ、高田保馬と塩野谷祐一という知的巨人ふたりの軌跡にありうべきその変奏を探る、緊張と喜悦に満ちた知的饗宴。

2019年12月21日(土)14時–17時
東京大学教養学部(駒場キャンパス)
1号館166教室
日本語/フランス語(通訳あり)
予約不要・入場無料

プログラム等詳細はこちら


posted by フランス科研究室 at 13:06| イベント