2016年06月16日

第24回地域文化研究専攻主催公開シンポジウム「今、人文・社会科学に何ができるか?」

第24回地域文化研究専攻主催公開シンポジウムが開かれます。
修士1年、博士1年のみなさんはもちろん、それ以外の方々もぜひご参加ください。
-------------------------------------------------
第24回地域文化研究専攻主催公開シンポジウム「今、人文・社会科学に何ができるか?」
日時:6月25日(土) 14:00-17:30
場所:駒場Iキャンパス 18号館ホール

報告:石井洋二郎 (東京大学理事・副学長)
    リベラルアーツとしての地域文化研究
   木宮正史 (地域文化研究専攻、グローバル地域研究機構・韓国学研究部門長)
    地域研究と政策対話:日韓間の懸案を事例として
   西崎文子 (地域文化研究専攻、アメリカ太平洋地域研究センター長)
    地域研究の視座と文脈──米国研究からの問い
コメンテーター: 町本亮大 (地域文化研究専攻博士課程、日本学術振興会特別研究員DC1)
コメンテーター: 細川瑠璃 (地域文化研究専攻博士課程)
コメンテーター: 金 伯柱 (PD学術研究員)

司会: 谷垣真理子(地域文化研究専攻)
主催: 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻
*入場無料、事前申込み不要
詳細HP:http://ask.c.u-tokyo.ac.jp/symp2016kouhou.html


posted by フランス科研究室 at 16:35| イベント