2017年05月25日

論集をご恵投いただきました。

以下の論集をご恵投いただきました。厚く御礼を申し上げます。

- 東北大学フランス語フランス文学会『フランス文学研究』第37号(伊地智均先生追悼号)、2017年

フランス科研究室で上記の論集を保管しています。本科に所属する院生、学部生の方はぜひご利用ください。
posted by フランス科研究室 at 15:00| 恵投御礼

公開シンポジウム 『地域から見える世界』

地域文化研究専攻主催の公開シンポジウム「地域から見える世界」が、以下の要領で開かれます。
------------
日時: 2017年6月24日(土) 14:00-17:30
場所: 東京大学駒場Tキャンパス 18号館ホール

報告:
- 森井裕一(地域文化研究専攻)「ベルリンから見るヨーロッパの複合危機」   
- 小川浩之(地域文化研究専攻)「ブレグジットから見るイギリス外交の変容」
- 鈴木啓二(地域文化研究専攻)「自己の内なる外国人 ― 他者との共生の一モデル」

コメンテーター:
- 矢口祐人(国際交流センター、地域文化研究専攻)
- 笛田千容(政策研究大学院大学、新興国プロジェクト)
- 上原こずえ(成蹊大学アジア太平洋研究センター)
- 大下理世(地域文化研究専攻博士課程)

司会:田中創(地域文化研究専攻)
------------
鈴木啓二先生がご登壇されますので、ぜひみなさま奮ってご参加ください。詳細は、以下のホームページをご確認いただければと思います。
http://ask.c.u-tokyo.ac.jp/symposia.html
posted by フランス科研究室 at 13:51| イベント

2017年05月23日

日本フランス語フランス文学会 2017年春季大会

すでにご存知のお方も多いかと思いますが、6月3日(土)と4日(日)に、東京大学の駒場キャンパスで、日本フランス語フランス文学会の2017年春季大会が開かれます。大会実行委員長は鈴木啓二先生です。
さまざまな研究発表や講演会、ワークショップが予定されております。詳細は、以下のホームページの大会プログラムをご覧いただければと思います。
http://www.sjllf.org/taikai/
フランス科の学生では、石川典子さんが「アンドレ・マルローにおける「ヒューマニズム」−−1920、30年代の著作を中心に」という題でご発表されます。みなさまどうぞ足をお運びください。
posted by フランス科研究室 at 14:23| イベント

2017年05月02日

2017年度進学ガイダンス

0001.jpg
来たる5月11日(木)、15日(月)、16日(火)のお昼休み(12:10〜12:55)、フランス研究コースの研究室(8号館4階401号室)にて、学部2年生を主な対象とした進学ガイダンスを開催いたします。
途中参加、途中退出可。昼食ご持参での参加も歓迎します。
フランス研究コース(フランス科)の教員と学生が、さまざまな質問にお答えできればと思っています。
教員プロフィールや履修科目、授業の様子、留学、普段の学生生活、卒論、進路について詳しく説明したパンフレットも用意してお待ちしています。ぜひお気軽にお越しください。

また、パンフレットは上記以外の日でもお渡ししています。ご希望の方は、5月16日以降にも8号館4階401号室までお越しください(月曜の4限のころ、また火曜・木曜の午後には、教務補佐員が在室予定です)。
posted by フランス科研究室 at 17:54| イベント

2017年05月01日

講演 アントワーヌ・ヴォロディーヌ「ポスト・エキゾチスム文学における昔のジャンル、よそのジャンル、未知のジャンル」

学習院大学文学部フランス語圏文化学科さまより、アントワーヌ・ヴォロディーヌ氏の講演会のお知らせをいただきました。
ぜひお運びください。
=============================================================
講演者:アントワーヌ・ヴォロディーヌ(作家、翻訳者)
「ポスト・エキゾチスム文学における昔のジャンル、よそのジャンル、未知のジャンル」
2017年5月26日(金)18時より
学習院大学北2号館507号室
posted by フランス科研究室 at 15:16| イベント