2016年04月28日

『共和国か宗教か、それとも―十九世紀フランスの光と闇』刊行

宇野重規・伊達聖伸・山裕二編著『共和国か宗教か、それとも―十九世紀フランスの光と闇』(2015年、白水社)が刊行されています。
本科ご出身の数森寛子先生、博士課程在籍の赤羽悠さんがご寄稿されています。
詳細な目次は、出版社のサイトで見ることができます。

フランス科研究室で保管しています。本科に所属する院生、学部生の方はぜひご利用ください。
posted by フランス科研究室 at 16:24| 刊行案内

論集をご恵投いただきました。

甲南大学国際言語文化センター様より論集『言語と文化』20号(2016年)をご恵投いただきました。
厚く御礼申し上げます。

フランス科研究室で同論集を保管しています。本科の院生、学部生の方はぜひご利用ください。

posted by フランス科研究室 at 16:03| 恵投御礼

『共にあることの哲学―フランス現代思想が問う〈共同体の危険と希望〉1 理論編』刊行

岩野卓司編『共にあることの哲学―フランス現代思想が問う〈共同体の危険と希望〉1 理論編』(書肆心水)が刊行されます。
著者:澤田直・岩野卓司・湯浅博雄・合田正人・増田一夫・坂本尚志・藤田尚志
本分科の増田一夫先生もご寄稿されています。

詳細な目次や中身の一部を出版社のサイトで見ることができます。

posted by フランス科研究室 at 15:03| 刊行案内

2016年04月13日

『ODYSSEUS』第20号、『年報 地域文化研究』第19号の発刊

東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻が発行する研究誌2冊の2015年度版が3月に刊行されました。

『ODYSSEUS』第20号には、
増田一夫「「日本」の複数性とその境界―黒住真先生を送る―」
が掲載されています。

『年報 地域文化研究』第19号には、
石川典子「「神の死」の先にある文明―アンドレ・マルロー「ヨーロッパのある青春について」をめぐって―」、
齋藤由佳「演劇趣味から美食の世界へ―グリモ・ド・ラ・レニエールの演劇批評分析―」、
佐藤龍一郎「オーモニエール考―15世紀のオーモニエールの諸機能の図像学的再検討―」、
槙野佳奈子「パノラマ、ディオラマ、ダゲレオタイプ―誕生の背景と写真史における位置づけ―」、
八幡恵一「間主観性と形而上学―メルロ=ポンティ「小説と形而上学」について―」
が掲載されています。

どちらの研究誌についても詳細な目次を以下のサイトでみることができます。
http://ask.c.u-tokyo.ac.jp/journals.html


posted by フランス科研究室 at 16:27| 刊行案内

2016年04月06日

パスカル研究会第158回例会

パスカル研究会第158回例会のご案内をいただきました。みなさま、ぜひお運びください。
------------
パスカル研究会第158回例会
発表:ピエール・ベールとポール・ロワイヤル
発表者:谷川雅子
日時:2016年4月23日(土)16時30分〜
会場:武蔵大学8号館 8601教室

東京都練馬区豊玉上1-26-1
会費:1000円(一般)、500円(学生)

posted by フランス科研究室 at 15:09| イベント