2015年05月20日

博士論文リサーチ・コロキアム

西村晶絵さんの博士論文リサーチ・コロキアムが開かれます。
皆様ふるってお運びください。

-------------------------------------------

発表者:西村晶絵
題目:アンドレ・ジッドにおける「病」

日時:6月3日(水)10:25〜12:10
場所:18号館コラボレーション・ルーム2

指導教員:長谷川まゆ帆(地域文化研究専攻)
指導補助教員:石井洋二郎(地域文化研究専攻)
指導補助教員:鈴木啓二(地域文化研究専攻)

posted by フランス科研究室 at 13:30| イベント

2015年05月13日

日本フランス語フランス文学会2015年度春季大会

日本フランス語フランス文学会の春季大会が開かれます。ぜひお運びください。
---------------------------
日本フランス語フランス文学会 2015年度春季大会
2015 年5 月30 日(土)・31(日)
会場:明治学院大学 白金キャンパス 

東京都港区白金台1-2-37
大会費:1000円

詳細なプログラムを以下のサイトでみることができます。
http://www.sjllf.org/taikai/


posted by フランス科研究室 at 17:33| イベント

2015年05月08日

ジャン=マルク・レヴィ=ルブロン特別セミナー「科学技術の逆説とその行く末」のご案内

フランス科ご出身の渡名喜庸哲さんが主催される特別セミナーの案内をいただきました。

===================================================================

日時:2015年5月15日(金)18:30-20:30
場所:慶応義塾大学日吉キャンパス来往舎2階小会議室
フランス物理学・科学哲学研究の第一人者レヴィ=ルブロン氏をお招きし、現代における科学技術の可能性と課題、科学技術と社会や哲学との関係などについて、ざっくばらんに議論をする場を設けます。彼の提唱する「開かれた科学」にふさわしく、専門にかかわらず関心のある方の参加をお待ちしています。学部学生の参加も歓迎します。

ジャン=マルク・レヴィ=ルブロン(Jean-Marc Lévy-Leblond)
1940年生まれ、フランス国立科学研究所(CNRS)、パリ第7大学、ニース大学などで教鞭をとり、現在ニース大学名誉教授。物理学を専門としつつ、科学哲学をはじめ幅広い領域を研究対象とし、「科学」、「文化」、「技術」の関係を視野に入れ「科学を文化に置きなおす」ことをめざす「開かれた科学」を提唱。ジャック・デリダが創設した国際哲学コレージュのプログラム・ディレクターも務める。この度、日本学術振興会外国人招へい研究者として再来日。

コメント:中村大介(豊橋技術科学大学)
司会:渡名喜庸哲(慶應義塾大学)


使用言語:日本語/フランス語(通訳がつきます)
入場無料・登録不要(学部学生の参加も歓迎します)
主催:科研費補助金「ポスト・ヒューマン時代の他者の倫理」(研究代表:渡名喜庸哲 : tonaki[アットマーク]keio.jp)
共催:日本学術振興会・平成27年度外国人研究者招へい事業(短期)

posted by フランス科研究室 at 15:19| イベント

2015年05月01日

2015年度進学ガイダンス

来たる5月13日(水)、14日(木)、22日(金)のお昼休み(12:20〜12:55)、8号館4階401号室にて、主に学部2年生を対象とした進学ガイダンスを開催します。
 途中参加、途中退出可。昼食ご持参での参加も歓迎します。
 教員プロフィールや履修科目、授業の様子、留学、普段の学生生活、卒論、進路について詳しく説明したパンフレットを用意してお待ちしております。ぜひお気軽にお越しください。
 
 パンフレットは上記の日以外でもお渡ししています。ご希望の方は13日(水)以降、8号館4階401号室までお越しください。
フランス科ガイダンスポスター訂正版2.jpg

posted by フランス科研究室 at 17:50| イベント